PTSランキングとは?

ストップ高株投資法、有望株の見つけ方。

 

次は「PTSランキングで買う」という話だ。

 

ストップ高銘柄を、初日で買い付けるのは、なかなか難しい話だ。

 

というのも寄りついたと思ったら、わずか5分でストップ高に張り付いて、剥がれないようなこともよくあるからだ。

 

寄りつきで成り行き買い注文しておけば、ちゃんと買えたのに、それができない。

 

でも、逆に言うと、寄りつきで成り行き買いできた人は、その情報をどこで仕入れたんだろう?という事になる。

 

ストップ高になる銘柄に、予め目をつけていたから、成り行き注文することができたってことだから、どこかでそういう情報が流れていたはず。

 

そういう場合に参考になるのが、前日のPTSランキングだ。

 

PTSというのは簡単に言うと「夜間取引」で、日本ではSBIジャパンネクスト証券で売買されている。

 

昼間の取引時間は8:20~16:00夜間の取引時間は19:00~23:59…となっており、午後7時から12時前まで売買ができる。

 

夜間取引で、値上がり率ランキング上位に突然現れた銘柄は、翌日に急騰することが多い。

 

PTS値上がり率ランキングは、モーニングスターのサイトで見ることができるので、有望株があれば、成り行き買い注文を出しておけば良い。

 

PTS値上がり率ランキング




買ってよい株、買って悪い株

ザラ場中の値上がり率ランキングや、前日の夜間PTSランキングから、有望株を見つける場合も、いろいろと注意点がある。

 

というのは、買ってもすぐに値下がりしたり、買ったは良いが、商いの少ない銘柄で、なかなか株価が上がらなかったりするからだ。

 

一番怖いのが閑散銘柄で、せっかく買い付けたというのに、買いが続かずに、上昇がしぼんでしまうケース。

 

そのため、寄りつきで成り行き買いするにしても、フル板で買い注文累計がどれくらい入っているか、確かめてから注文したい。

 

PTSランキングの売買高が、10万株くらいあれば、それ以上の買いが入ることが予想できるが、寄り付き前の買い注文累計は、最低でも20万株から30万株くらいは欲しいところだ。

 

さてこういうPTSで見つけた有望株は、売買ツールの銘柄登録のところに登録しておく。

 

私の場合は、楽天証券のマーケット・スピードというツールの、マイページというところに、こういう感じで登録している。

 

楽天証券マーケット・スピード マイページ設定例2
午前9時の寄りつき時点では、寄りついていない銘柄も多いので、値上がり率ランキングでは、有望株が見つからないことも多い。

 

なので登録銘柄の様子をチェックしながら、どうするか考える。

 


広告


Twitter
Facebook
LINE
はてな
ポケット


株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!