仕手筋が株を集める

閑散銘柄がある日突然、急騰してストップ高をつける。

 

こういうことは、デイトレをやっていると、毎週のようによく見かける光景だ。

 

なのでストップ高をつける前日に、こういう銘柄をつかむと儲かるはず。

 

そう思っていろいろ見るわけだが、なかなかそういう銘柄は見つからない。

 

たいていは「ダマシ上げ」といって、ほんの5分か10分ほど株価が急騰し、値上がり率ランキングに顔を出した後、ジワジワと売りが出てしぼんでしまう。

 

これを高値づかみしてしまうと、確実に損切りするコースになる。

 

ストップ高株投資法で厄介なのは、こういうダマしあげっぽいのに引っかかると、毎週のように5万とか10万の損切りする羽目になってしまうと言うことだ。

 

ただしこういうダマし上げっぽい株も、時には急騰して大きな相場になることもある。

 

これがいわゆる「需給相場」というやつで、簡単に言うと「仕手株(してかぶ)」ってやつだ。

 

仕手(して)というのは、投資グループのことで、彼らは株を買い集めたあとに株価をつり上げて、人気が出たら株を売って利益を出す。

 

そのため、まず株を買い集めるわけだが、注目が集まる前に少しずつ買い集めていく。

 

そのとき「ダマシ上げ」みたいな感じになって、日足チャートだと上ヒゲがいくつも出てくる。

 

7625Gダイニングの株価も、こんな感じで3月前から上ヒゲが出ていた。

 

短期間に上ヒゲが何本も出ている日足チャート
これを見ると、週に2〜3回ずつ上ヒゲが出て、なんかちょっと怪しい動きだなと言う感じだね。

 

3ヶ月くらい前から、こういう感じでちょくちょく上ヒゲが出ていたが、第一四半期の決算が出てしばらく後、この銘柄は動きがハッキリしてきた。

 

大きな上ヒゲが出て、陽線が目立ち始める


カップ・ウイズ・ハンドル?

前週に長い上ヒゲをつけて、値上がり率ランキングに顔を出した7625Gダイニング。

 

このときはまだ、単なるダマシ上げ株で、後に急騰して需給相場化するとは、まだ全く分からない状態だった。

 

私もこの時点で一回、買いつけてみたが、買いが続かず、すぐにしぼんでしまったので、2日後、買いが入ったところで同値撤退した。

 

ところがその次の週の水曜日に、おかしな形の5分足チャートが出た。

 

その「おかしな形の5分足チャート」がこれだ。

 

おかしな形の5分足チャート(初日)
この5分足チャートは、ダマしあげでよく見るチャートだが、なんか様子が違っている。

 

というのも11時前に、大きなダマしあげの火柱が上がり、それがしぼんでいった午後2時前から、また買いが入って陽線が続いたのだ。

 

ダマしあげの場合、買いはドンドン減って、最後に売買自体なくなってしまうことが多い。

 

チャートの最初、寄りつきの時点では、殆ど売買がないわけだからそれに戻る。

 

ところがこの日だけは違っていて、株価は下がっても売買が続いていた。

 

「歩み値」を眺めていても、ちょくちょく大きな買いが入って来ていた。

 

「あれ、この株、やっぱなんかありそうだな」ということで、もう一度、買い戻してみた。

 

さっきの5分足チャートに注釈を書き込むと、こんな感じになるが、これはいつもと違う。

 

需給相場の動きだし5分足チャートの例(初日)
そして大引け直前の5分間には、値上がり率ランキングに顔を出してないのに、なぜか買いが殺到して大陽線発生。

 

引け売り予約がたくさんあったため、最後は下げて終了してしまったが、何かを予感させる終わり方だったね。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2