【信用取引】売り禁の玉は金の玉?

【信用取引】売り禁の玉は金の玉?

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

売り禁の玉は金の玉

売り禁になると株価はどうなるのか?買いしかできない「信用銘柄」なら、こんなテーマは何の意味もない。

 

しかしカラ売りできる貸借銘柄では、売り禁の影響が出てくる。

 

株の格言には「売り禁に買い無し」とか、「売り禁の玉は金の玉」なんてのもあるし。

 

最初の「売り禁に買い無し」というのは、売り禁になる頃には、株価が十分に上がっていて、既に高すぎる水準になっているので、「そんな高値で買うと損するよ」ってことだろう。

 

後の「売り禁の玉は金の玉」というのは、売り禁になったあとの売り玉は貴重で、「近いうちに株価は大きく下がるから、簡単に手放すなよ」と言うことらしい。

 

どちらも、売り禁になったあとは、株価が下がりやすいということだが、ではどういう事が起こって、売り禁が株価下落につながるのか。

 

まず、貸借銘柄で売り禁になると、確実に売買参加者が減る

 

これは売りから入るトレーダーが、他の銘柄に逃げてしまうからだろう。

 

カラ売り専門のトレーダーや、売りから入るスキャルパー達は、株価のピークを捉えて売りから入る。

 

そして株価が十分に下がったところで売り玉を買い戻して儲けるわけだ。

 

なので売り禁になったら、自分の得意技が使えないので、投資先を他の貸借銘柄に変更する。

 

そのため売買参加者が減り、売買高が細って株価が下がる

 

これは「増し担保規制」でも同様で、信用取引で株トレードをしている人は、増し担保規制のかかった株は避ける。

 

増し担の株を買い建てるには、普段より多くの保証金が必要だから、たとえ買い建てるとしても、建てられる株数が少なくなる。

 

そのため規制がかかった銘柄は、よほどの好材料がない限り、買い手が減って株価が下がる事が多い。

 



売り禁の翌日の株価は一体どうなる?

売り禁になって、カラ売りする人がいなくなっても、売買参加者が増えていれば、株価が騰がることも考え得る。

 

株価は需給バランスで決まるから、売る人だけ減れば買い側が優位になり、株価はさらに上がっていくこともある。

 

なので株価上昇の原因が、非常に強い材料の場合は、売り禁になっても大幅上昇が続く。

 

スマホゲームやバイオ関連株などは、一発当たると利益がでかいので、規制がかかってもドンドン騰がったりする。

 

ただし売り禁になる場合は、通常、同時に増し担保規制もかかるので、規制がかかった後は予断を許さない。

 

ここで売買高がさほど減らなければ、株価はその後も騰がり続けるし、逆に大きく減ると株価は下がる。

 

もちろん売り禁・逆日歩発生で、カラ売りの買い戻しがあるので、初日は買い多いだろうが、二日目は買い戻しも減るかも知れない。

 

また、寄りつきでギャップアップするか、逆にギャップダウンするかでも違うだろう。

 

ストップ高の翌日にギャップダウンで始まると、前日のストップ高でカラ売りした人は、含み益が発生しているはずなので、急いで買い埋めして決裁する必要はない。

 

ただし売り禁銘柄はさっさと決裁して、他の銘柄に鞍替えする人もいるので、ダラダラと買い埋め返済が進んでいく。

 

こういう場合、規制がかかったのに、思ったほど下がらなかった感じになるが、2日目は貸借倍率が大きく増えていたり、出来高が細ってドーンと下がったりする

 

逆にギャップアップで始まって、さらに株価が上がり始めると、みるみる含み損が大きくなっていくので、さっさと損切りしようという人も増えるだろう。

 

放っておくとどうなるか分からないという恐怖から、あわてて高値で買い戻す動きになる。

 

この場合は「踏み上げ相場」になって、株価が大幅上昇することになる。

 

ただし株価を上げている燃料は、カラ売りの買い戻しだから、それが尽きたら株価は下がることになる。

 

売り禁は、その後、株価が急騰することもあるが、そのあとは、やっぱりダメって事らしい。

 

売り禁になったらやはり、近々利益確定することになりそうだな。

 


この銘柄リストはあくまで、年初来安値を基準にして、年初来高値が何%多いかで分類したデータです。なので、「2倍になった株」は「2分の1になった株」かもしれません。現在の株価やトレンドは、リンク先のヤフーファイナンスのチャートでご確認ください

■計算式:「流動性」=出来高数÷単位株数

「株価上昇率%」=((年初来高値)÷(年初来安値)-1)×100

※2014年12月30日現在の株価データを元に算出しています。

スポンサードリンク

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第4位★週末トレード★週末たった1時間の銘柄選び!ワンWEEK副業投資プログラム>

★第5位★日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

★第6位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」全セット

★第7位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツール★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★【スマプロFX】スマホ1台で年間7000pips!Smart Professional FX

★第2位★FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

★第3位★1億円を目指せるEAシステムツール!ジーニアス・ブレインFX

★第4位★次世代ツール Black AI・ストラテジー FXブラストFX

★第5位★【祝8,000名突破】FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

このエントリーをはてなブックマークに追加